インプラント用語集

 あ行か行さ行た行な行 は行ま行や行ら行 | わ行

か行

【か】

  • ガイドドリル(Guidedrill)
    埋入位置を刻印するための丸い形状のドリルで、皮質骨切削開始時に使用する。
  • ガイドピン(Guidepin)
    インプラント床形成時に使用する器具。インプラントと隣在歯の位置関係や角度を決定する目的で使用される。ラボにて補綴物を製作する際に用いられることもある。
  • 海綿骨
    皮質骨の内側にあり、スポンジ状のやわらかい骨です。
    インプラント治療の際には海綿骨の固さも、治療を行うに重要なポイントとなります。
  • カウンターシンク(Countersink)
    インプラント・プラットフォームに合わせて特殊なドリルで皮質骨を広げること。
  • カスタムアバットメント(Customabutment)
    既成のアバットメントでは対応できない場合、独自に鋳造、あるいは機械力ロ工により製作されるアバットメント。
  • カバースクリュー(Coverscrew)
    キャップタイプのスクリューで、オッセオインテグレーション獲得までの間、インプラントのプラットフォーム(アバットメント連結部)を閉鎖するもの。ヒーリングスクリューともいう。

【く】

  • 空気清浄機
    空気清浄機にも様々な種類があります。
    一つは、皆さんがご家庭で使用している家庭用空気清浄機、もう一つは病院や歯科医院、食品工場等で使われる業務用の空気清浄機です。
    ここで言う空気清浄機は医療用のもので、一般的には治療室やオペ室に設置され空気中の細菌やホコリ等を吸い取り綺麗にする設備です。

【こ】

  • コービング(Coping)
    インプラントまたはアバットメント上に装着する既成あるいはカスタムメイドのコンポーネント。
  • 骨移植材(Bonegraftmaterial:骨補填材)
    骨移植に用いる材料。自家骨、他家骨、異種骨、人工骨などがある。
  • 骨移植術(Bonegraft)
    歯槽骨の欠損に対して骨を移植し、再構成を行う手術法。
  • 固定用スクリュー(Fixationscrew)
    ブロック骨移植片や、バリアメンブレン(膜)の固定に使用するスクリュー。
  • コラーゲン膜(CoHagenmembrane)
    コラーゲンを成分とする生体吸収性の膜。
  • コンプライアンス(Compliance)
    患者が医療者の治療方針を理解して、指示や自己管理を守り、実践すること。患者の治療協力度。
インプラント用語集TOPへ