インプラント用語集

 あ行か行さ行た行な行 は行ま行や行ら行 | わ行

さ行

【さ】

  • サージカルインデックス(Surgical indexing)
    1次手術や2次手術におけるインプラントの位置記録。
  • サージカルガイド(Surgical guide:サージカルテンプレート)
    診断用ワックスアップ模型をもとに製作され、インプラント高の形成や埋人に際して使用する。ドリリング位置や方向を決定する際に参考とされる。
  • サイナスリフト
    サイナスリフト法は、上顎洞と上顎との距離が狭くオステオトーム法を行えない場合に上顎洞を拳上する方法です。
    オステオトーム法との違いは、骨移植を行い不足している骨を補強する点です。
    最近では、狂牛病やヤコブ病への感染を避けるために他動物の移植材は使用せずに、主に腸骨等自身の骨を移植します。
    骨の移植には麻酔を使用して手術を行うので、痛みを感じることは殆どありません。
  • サイナスグラフト(Sinus graft:上顎洞骨移植)
    インプラント埋人に備えて自家骨や代用骨により上顎洞底の骨造成を行うこと。
  • サブマージドインプラント(Submerged impIant)
    軟組織に被覆され、口腔内より隔離された状態のインプラント。

【し】

  • CT(Computed tomography):デンタルCT
    身体の内部構造の診断において用いられる断層撮影法。インプラント埋入において下顎菅や上顎洞などの解剖学的位置関係を把握するのに有効である。
  • 上部構造
    インプラント治療の際に、新しくなる歯の部分。 通常は、2次オペでアバットメントを立てた後に仮の上部構造を取りつけ、咬み合わせ等の機能性と全体的な審美性を加味して調整を行い最終調整を行います。
    上部構造の素材は、天然歯の色に近いセラミック製のものが殆ど。
  • 歯肉 (しにく
    一般的に”はぐき”と呼ばれる。歯冠の根もとの部分を取り巻き、歯槽骨に付着する強靭な粘膜。
  • 上顎洞
    上顎の奥歯付近の鼻の横にある大きな空洞の部分。
    奥歯等にインプラントを植立する際に、上顎の骨が薄いとフィクスチャー(インプラント体)が上顎洞に貫通してしまい、治療が困難になる場合もあります。
    その場合、サイナスリフトを行いインプラントを植立するスペースを確保して治療を行います。
  • GBR(ジービーアール)
    GBR法(骨再生療法)は、インプラント治療を行う際、インプラントを埋入する部分の骨が足りない場合に、顎の骨を再生させる方法です。
    GBR法は、インプラントを埋入する前に処置をする方法とインプラント手術の際に同時に行う方法があります。
    事前に行う方法の場合は、骨に吸収しないメンブレンを骨に置き骨が再生されてからメンブレンを取り出し、インプラント治療を行います。
    インプラント手術の際に同時に行う方法の場合は、主にコラーゲンから出来ている骨に吸収されるメンブレンを使用し、インプラント埋入と同時に処置をします。
  • 自家骨移植(Autogenous bone graft)
    移植部位に同一個体から移植骨を供給する骨移植法であり、移植免疫による拒絶反応がない。
  • 診断用ステント(Diagnosis stent)
    インプラントの診断および計画の段階で使用されるガイド。×線写真撮影時にロ月空内に装着して解剖学的位置関係を確認する。
  • SIM/PLANT(シムプラント)
    インプラント治療を行う前の診断の際に、より正確な検査としてCTスキャンによる顎の撮影を行う場合があります。
    CTスキャン(コンピュータ断層撮影)はX線とコンピュータを使ってからだの断面を輪切りにして検査することが可能です。
    通常のレントゲン撮影の場合は平面的に歯の様子を診断することしか出来ませんが、CTスキャンの場合は立体的に診断することが出来ます。
    SIM/PLANTは、CTスキャンのデータをインプラント治療専用に解析する代表的なソフトです。
    顎の骨の様子を立体的に解析するだけではなく、埋入するインプラントの長さや角度等を具体的にシュミレーションすることが可能になります。

【す】

  • スーパーストラクチャー(Superstructure:上部構造)
    インプラントに支持された補綴物。
  • スクリュー固定(Screw-retained)
    スクリューによってアバットメントまたは補綴物を固定すること。
  • スタンダードアバットメント(Standardabutment)
    スクリュー固定式補綴物の支台に使用される、機械加工されたチタン製で円筒形のアバットメント。
  • ステント(Stent)
    サージカルガイド、サージカルテンプレートを指す言葉として、おもに日本でこう呼ばれる。サージカルガイド参照。

【せ】

  • 生体情報モニター
    インプラント手術の際に、患者さんの脈拍・血圧・心電図を確認する為のモニター。
    安全な環境で手術を行う為に必要な設備になります。
  • セメント国定(Cement-retained)
    アバットメントへの補綴物の装着方法の1つで、維持のためにセメントを使用する。

【そ】

  • 早期荷重(EarIyloading)
    アーリーローディング参照。
  • 即時荷重(JmmediateJoading)
    イミディエートローディング参照。
  • ソケットプリザベーション(Socketpreservation)
    抜歯時に、細胞遮断膜や骨移植材を補填して抜歯窟周辺の骨吸収を予防する方法。
  • ソフトティッシュマネージメント(Softtissuemanagement)
    天然歯およびインプラント周囲組織の審美性の回復のために、軟組織に対して行う処置。
インプラント用語集TOPへ