インプラント用語集

 あ行か行さ行た行な行 は行ま行や行ら行 | わ行

た行

【た】

  • 他家骨移植(Heterogenous bone graft,Allograft,Xenograft)
    本人以外からの骨移植。同種他家骨移植、異種骨移植がある。

【ち】

  • チームアプローチ、チーム医療
    歯科医師・医師とそれをサポートするスタッフが互いに連携協力しながら、治療をより効率的に、また効果的に行うこと。
  • チタンメッシュ(Titanium mesh)
    骨造成法で使用する柔軟性のあるチタンの格子。治癒期間中、所定の骨を再生させる容積を維持するスペースメイキングのために使用する
  • 治療法等
    欠損してしまった、天然歯の代用となるインプラント(人工歯根)を埋入する為の手術。
    方法はアバットメントの連結部分を歯肉の表面に出しす1回法と、フィクスチャーを粘膜内に完全に埋入して2回目の手術でアバットメントとの連結部を露出し連結する2回法に分かれます。

【て】

  • TCP(第三リン醸カルシウム)
    焼成温度の差によってαとβがある。β-TCPは生体親和性があり、生体に吸収されやすく、吸収した後は骨組織に置換されていくため、人工骨移植材として使用されている。
  • ディレイドコーディング(Delayed loading:遅延荷重)
    インプラント埋人後の機能圧適応の時期を指す。補綴物は従来の治癒期間を経て装着・固定される。
  • DFDBA(Demineralized freeze-dried bone allograft)
    脱灰凍結乾燥骨(同種骨)。免疫原性の危険性はきわめて低く、骨誘導能を有する。
  • デブスゲージ(Depth gauge:深度ゲージ〕・デプスプローブ(Depthprobe)
    インプラント形成窟の垂直的な長さを測るために深度長がマークされた器具。
  • テンポラリーアバットメント(Temporary abutment)
    暫間修復物の製作に使用するアバットメント。

【と】

  • トルクレンチ(Torque wrench)
    スクリューの締結・締め付けをする際に使用する器具。
インプラント用語集TOPへ